高齢の患者が多い|経済的に余裕がなければ免疫療法の費用は免除できる
ナース

経済的に余裕がなければ免疫療法の費用は免除できる

高齢の患者が多い

ドクター

男性ホルモンを抑える治療

前立腺がんは、高齢の患者が多い傾向にあります。進行・再発した前立腺がんに対しては、男性ホルモンを抑える注射薬が用いられます。しかし長期的に使っていると、がんの増殖を抑えられなくなる欠点があり、転移もみられるようになります。前立腺がんは、しばしば骨に転移することがあります。骨に転移したがんを、骨転移と呼び、前立腺がんの手術を受けた後、がんがあちらこちらの骨に転移することがあるのです。転移の初期は、背中や肩、腕などが激しく痛むようになります。骨転移が、骨に徐々に移行するため、激しい痛みがひきおこされるのです。痛み止めの座薬等で対応していても、次第に薬の効きが悪くなります。投薬量を増やすと、副作用が起きる懸念があります。

新薬の注射が効果的

骨転移の治療には、骨を切除する手術や放射線を照射する放射線治療、骨転移の進行を抑える薬、鎮痛剤、抗がん剤の投与などの治療法があります。ただし、投薬量が増えると、胃腸障害、吐き気、眠気などの副作用が大きくなる恐れがあります。骨転移では、放射線を発する薬の注射が効果を挙げています。注射後、効果が出るのは早くても1〜2週間後と遅効性ながら、効果が約3カ月間持続する優れた治療法です。治療後も定期的な血液検査が必要リースが痛みを抑える効果は非常に高いです。ただ、血液中の血小板や白血球が少ない患者は、薬の投与でさらにそれらが減少する恐れがあり、この治療を受けることはできません。従来の治療法で治療を行います。